AED作動せず女性死亡 約10万台修理へ

この記事だと80代の女性だったということで、そういうお歳の人だとAEDで蘇生は難しかったのではないかと思える。


AEDは除細動機で、心臓を収縮させる電気信号が不整になってしまったのを外部からの電気刺激で正常なサイクルの電気信号に整える機械。


除細動が用途なので、手術室で停止した心臓を起動させる装置とは違うものになる。


あくまで不整になってしまったものを整える装置であり、止まった心臓を再起動させるものではない。


そこらへんのAEDの意味を理解して使わないと、AEDがあれば心臓発作はなんでも応急処置できると思い込んでしまって、間違った使い方をしてしまうのではないだろうか?


AEDが有効なのは、心臓自体はまだそれなりに丈夫だけど、心臓の周りの冠状動脈が詰まってきていて、時々虚血が起こって心臓の収縮リズムが乱れてしまうタイプの発作など、心臓の筋肉自体は大丈夫だけどリズムが狂ってしまった場合。


元々不整脈の持病がある人や、覚せい剤やコカインなどの興奮性の薬剤によるショック症状などにも有効だが、80代の老人のような心臓そのものが弱ってしまってるケースだと、AEDはあまり意味がないように思える。


アメリカや本当に戦争をする軍隊を持ってる国は、戦闘薬として覚せい剤を使い、鎮痛剤としてモルヒネを使うから薬物中毒者が多いので、要所要所にAEDを設置するメリットは大きいが、日本では致死性の発作は心室細動よりも脳卒中の方が多いから、多額の費用をかけてAED設置を義務付けるメリットはあまりないように思える。


ぶっちゃけ日本におけるAED設置は利権なんじゃないだろうか?


AEDが自民党の利権だったら、民主党は仕分けでこれを撤廃するはずだが、しっかりしたAEDがもっと設置しないとダメだよってニュアンスの記事が出てきたということは、AEDは民主党が握ってる利権のような気がする。


産後 ダイエット


AED作動せず女性死亡 約10万台修理へ